読書 する 人 だけ が たどり着ける 場所。 【書評】読書する人だけがたどり着ける場所|UET_TEA times.

読書する人だけがたどり着ける場所

分からない言葉があっても最後まで読み切ることが自身につながる。 私は斎藤孝先生が本を出されて 間もないころから著書を 読ませていただいています。 驚くべきことに驚けるのは、実は教養があるからです。 この齋藤さんの意見については、「そうですよね」と納得です。 著者の斎藤孝さんは 明治大学文学部の教授をされている方です。 「読書」によって 「深さ」を手に入れる この本のタイトルが気に入り、即買いして通勤中の電車で読んだ本だが、やはり齋藤先生の本は分かりやすくて読みやすい。

もっと

読書する人だけがたどり着ける場所

人間性とも言えますね。 人格があって科学的発見がある。 「読書する人だけがたどり着ける場所」 目 次 序章 なぜ、いま本を読むのか 第1章 読書をする人だけがたどり着ける「深さ」とは 第2章 深くなる読書 浅くなる読書 何をどう読むか 第3章 思考力を高める読書 第4章 知識を深める本の読み方 第5章 人格を深める本の読み方 第6章 人生を深める本の読み方 第7章 難しい本の読み方 同じ「本」でも色々な読み方があるもんですね。 その人格を深めるためには、自分だけの名言を見つけましょうということです。 人生を深める本の読み方• 一般的に「知的」とは、知識が豊富で、言語的な認識力が高い人のことを言います。

もっと

現代人が本を読む意味とは?「読書をする人だけがたどり着ける場所」レビュー

本というのは、自分とは違う生き方や考えを経た著者によって書かれています。 私はよくAmazonでレビューを参考にして本を買うのですが、偶然出会う本の中には 決して評価は高くないけれど素晴らしい本というのがあります。 齋藤先生は「知性は万人に開かれている」といいます。

もっと

書評「読書する人だけがたどり着ける場所」を読んで

それが冊数を重ねていく内に、1つ1つの事柄の関係性が見えてきて一本の線として繋がる時がきます。 ゲームだって、アニメだって、他人の人生を追体験できます。

もっと

読書する人だけがたどり着ける場所[齋藤孝著]感想文&内容のまとめ

初めて読んだ時には「こんな考え方があるのか」と衝撃を受けました。 ネットを見ている人の中には、文字よりも映像の方が分かりやすいと思う人も多いでしょう。 AIが出てこようが、出てこまいが、自分の人生をいかに深く生きるかが重要なのではないでしょうか。 もっと深いところを知ればインターネットの世界でも十分広い世界が広がっているのです。 日本経済新聞の数字だらけの紙面数ページを見て、満面の笑みを浮かべたり、のけ反って驚いたりできるのは、経済に関する知識・教養がある人です。 そして知識は細胞分裂のように増える性質があり、読書を始めたばかりの頃はなかなか知識が増えたという実感が湧かないが、100冊を越えるあたりで始めて読書の知を実感する。 詳しい内容はをご覧ください。

もっと

『読書する人だけがたどり着ける場所』齋藤孝(著)の感想【深みのある人生】

読書ノート 知識や教養を積み上げていく過程を、まとめました。 あたかも私たちは毎日大量の情報に触れているかのように思っていますが、意外にみんなそれほど情報を摂取していない ネットは便利で大量の情報があるが、それは表面だけの情報だという。 著者の独特な感性や、優れた言語表現に触れてみたいです。 この、飽くなき一連のサイクルが、深い思考と、知的な会話の世界へと続くのだなと思いました。 しかしながら、1つの物事を深く突き詰める「専門バカ」ではなく、広く教養を持った「リベラルアーツ」を目指す必要がある。 そんな複雑な楽しみ方が分かるようになると、この世の中を生きるのがもっと面白くなりそうです。 私は毎朝この本を1節づつ読んでおります。

もっと

【書評】「読書する人だけがたどり着ける場所」の要約とレビュー

『読書する人だけがたどり着ける場所 SB新書 』より ベストセラー本って面白いの多いよね。 読むときの「構え」を変える。 いずれも、情報処理的に文章を読むだけではたどりつけない領域が示されています。 いいかえれば、知識を増やす事で認識力を高める事ができる。

もっと

齋藤孝著「読書する人だけがたどり着ける場所」

コロナウィルス関連で疲弊しそうな毎日ですが、今が踏ん張り時。 そして知識を自分のものとして身につけるには、人に話すのが一番である。 知識がないものは認識する事ができず、認識力を高める事はできない。 自分が自分でなくなってしまうくらい影響をうけるかもしれません。 しかし重ねていくと、次第に「処理脳」から頭が切り替わり、様々な発想や考えが浮かんでくる感覚が生まれてきます。 しかし、本を通じて体験することができます。 深い作品はスイスイ読めるものでもない。

もっと