フレーム アレスタ。 防爆フィルター・フレームアレスター

防爆フィルター・フレームアレスター

蓋を開ける時、網を取り出す時、網を付ける時、蓋をつける時、いずれも危険です。

もっと

防爆フィルター・フレームアレスター

1 水素の火炎速度はグループC(エチレン)の4倍、グループD(プロパン)の約7倍であり、 この速い火炎速度は火炎速度が音速に到達することにより配管系にデトネーション(爆轟) のリスクの増大をもたらす。

もっと

プロテゴ社製『フレームアレスター』 ファイク・ジャパン

逆火防止性能を維持する目的で、半年に一度は分解し、内部の逆火防止エレメントの洗浄を行って下さい。 記録計各種(CP値演算機能付きのペーパーレス記録計もございます)• 【0039】 即ち、本考案によれば、弁箱4内の圧力の高低によって、気体排出口4bの間隙の大きさを変化させることができ、間隙がないとき、間隙が小さいとき、間隙が大きいとき、それぞれ異なるメカニズムによって逆火防止機能を発揮させることができる。 【0056】 本実施形態によれば、弁体2を付勢する手段にバネ8を用いることで、フレームアレスタを斜め方向若しくは横方向に設置した場合であっても、閉弁する力を得ることが可能である。 複数台の赤外線分析計に対して1個のフレームアレスタを使用した場合、NDIRの分析セルに背圧がかかるため、分析値に誤差またはドリフトを生じます。 デトネーション(爆ごう) 配管内を逆火する火炎が、加速することにより発生する燃焼速度が音速を超える火炎。 工業炉メーカー様などからもお気軽にお問い合わせ下さい。 【発明の効果】 【0009】 本発明は、ガス通過部分としてのスリットの管理が労力と手間を要せずに簡単かつ確実に行え、以て可燃性ガスを通過させるとともに外部からの火炎の侵入を防止して爆燃を防いだり、爆轟を防止し、摩擦損失が少なく、また、エレメントの分解および組立が簡単かつ確実に行え、仮にスリットが目詰まりした場合の掃除が容易かつ確実に行え、製作精度が向上し、製作、組立が容易に行える。

もっと

フレームアレスタの日常点検は危険だらけ

これらのガスそして蒸気は自然発火温度、爆発限界範囲、火炎温度、火炎速度等を含む多くの異なる基準によって分類されています。 【0016】 5は前記筒状エレメントEを止着部品4により着脱自在に内部に取付けた略筒状のフレームである。

もっと

プロテゴ社製『フレームアレスター』 ファイク・ジャパン

5 水素のデフラグレーションは他のガスよりも加速的度に速い。 【0052】 本実施形態によれば、ガイド部2cを弁体2に設けたことにより、弁体2の径を弁箱4の径と同等の大きさにすることができる。 そのため、貨物タンクには外部と連通するベントラインを設け、タンク内のガスを外部に排出することで、圧力差を緩和するように構成されている(図7参照)。

もっと

フレームアレスタの日常点検は危険だらけ

【図7】本考案に係るフレームアレスタが設置されるベントラインの概念図である。 蓋を開ける時、網を取り出す時、網を付ける時、蓋をつける時、いずれも危険です。 フレームアレスタにバイパスを付ける?洗浄ラインを付ける? これらの危険性を回避しようとすると、まずはバイパス配管が必要でしょう。

もっと

フレームアレスター BS&B Safety Systems

【0006】 本発明は上記従来の欠点を解決し、ガス通過部分としてのスリットの管理が労力と手間を要せずに簡単かつ確実に行え、以て可燃性ガスを通過させるとともに外部からの火炎の侵入を防止して爆燃を防いだり、爆轟を防止し、摩擦損失が少なく、また、エレメントの分解および組立が簡単かつ確実に行え、仮にスリットが目詰まりした場合の掃除が容易かつ確実に行え、製作精度が向上し、製作、組立が容易に行えるフレームアレスタを提供することを目的とする。 【0032】 ベントラインVLに接続されて使用されるフレームアレスタは、その内部の圧力がベントラインVL内の圧力と均衡しており、その圧力が、弁体2の第1の受圧面2aに作用し、開弁方向への力が作用している。 【パテントレビュー】 【インターネット特許番号リンク】 インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):. これによって、可動弁1が開弁した際に、ストッパー5がガイド41に引っ掛ることで、可動弁1と弁箱4とが分離することを防いでいる。 【0050】 この空間21の天面には、第2の受圧面2bが形成されており、実施形態1と同じように、弁体2と弁座4cとが少しでも離間した際には、この第2の受圧面2bに圧力が加わり開弁方向への力を生じさせる。 最大可能運転温度 最大可能運転温度はフレームアレスターが消炎可能な流体の最大温度。 【0023】 以下、本考案の実施形態1のフレームアレスタについて、図1ないし図3を参照して詳細に説明する。 五方弁、各種電磁弁、配管材、継手、バルブ、シールテープなど• 少なくともプロセス液が外部に暴露する可能性は下がります。

もっと