東京 都 高潮 浸水 想定 区域 図。 巨大台風の高潮浸水、23区の3分の1 東京都が想定図:朝日新聞デジタル

高潮浸水想定区域図(浸水深)/千葉県

時速73キロで移動し、高潮の発生と同時に降雨で河川が氾濫し、堤防が決壊するとの状況でシミュレーションした。 また、洪水ハザードマップの水防法上の取り扱いについては、下記のとおりご案内しております。 東京都は、平成30年3月に想定し得る最大規模の高潮による浸水の危険性について都民の皆様にお知らせし、対策を講じることを目的として、高潮浸水想定区域図を作成しました。 ポイント• 以下の区域別リンク先を参照ください。

もっと

浸水予想区域図

(以前は、一辺が50メートルのメッシュ単位でした。 内水氾濫 : 東京都(平成15年5月) : 東京都(平成18年6月)• なお、荒川、利根川、江戸川、中川、綾瀬川、芝川・新芝川、高潮については、想定される最大規模の降雨等を前提とした浸水想定区域図が公表されています(令和2年5月時点)。 落ち葉による雨ますの詰まり等により起きる浸水は、シミュレーションでは、反映しきれないため、注意してください。 この高潮浸水想定区域図をもとに、今後、都は、高潮特別警戒水位 【注】の設定に取り組むとともに、各区においては、気象情報等の伝達方法、避難場所や避難経路等が定められ、ハザードマップにより住民等に周知されること等により、避難確保等が図られることとなります。 ハザードマップの基となっている図のうち、 「浸水予想区域図」については、 ハザードマップ作成区市町にお尋ねいただくか、 東京都建設局河川部計画課 中小河川担当 (電話:03-5320-5414) 「芝川・新芝川浸水想定区域図」については、 東京都建設局河川部防災課 防災担当 (電話:03-5320-5190) 「北多摩一号処理区、北多摩二号処理区浸水予想」、 「多摩川上流雨水幹線流域浸水予想区域図」については、 下水道局流域下水道本部技術部計画課 (電話:042-527-4855) 荒川、多摩川、浅川、大栗川、江戸川、利根川、中川・綾瀬川の 「洪水浸水想定区域図」については、作成した国土交通省の各河川事務所 までお問い合わせください。

もっと

足立区洪水ハザードマップ(平成31年3月改訂)|足立区

浸水が想定される区 17区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、北区、荒川区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区)• 練馬区水害ハザードマップは、東京都が公表した「石神井川及び白子川流域浸水予想区域図(令和元年5月)」および「神田川流域浸水予想区域図(平成30年3月)」に基づき、大雨の際に河川の氾濫や下水道からの逆流などにより浸水が予想される区域やその程度、避難所等を表示したものです。 高潮浸水想定区域図[想定最大規模](浸水深) 【】• 芝川・新芝川 : 埼玉県(令和2年5月)• 引き続き、関係機関が連携して、対策の具体化に向けて取り組んでいきます。 ハザードマップ1-2 多摩川の氾濫(浸水が継続する時間) 多摩川が氾濫した場合において、浸水がどの程度続くのかを示した図となります。 (1)水害時緊急避難場所を89か所開設(2階以上等条件付き開設66か所含む) (2)丸子川流域を想定最大規模に修正(令和元年6月に丸子川流域の想定最大規模浸水想定公表) (3)情報学習面の強化(避難方法への理解を図るためのフロー チャートや避難行動のタイミングを検討するためのタイムラインの掲載) 大田区ハザードマップ(風水害編)は、防災危機管理課(本庁舎5階)、区政情報コーナー(本庁舎2階)、各特別出張所において配付しています。 また、浸水継続時間を示す図も作成されておりません。 高潮浸水想定区域図(浸水深) 近年、洪水のほか内水・高潮等により現在の想定を超える浸水被害が多発していることから、想定し得る最大規模の高潮に対する避難体制の充実・強化を図るために、平成27年5月水防法が一部改正されました。

もっと

高潮浸水想定区域図

各区民事務所(中央本町区民事務所を除く) 不動産取り引き等に伴う重要事項説明など事業目的で冊子をご利用の場合は、無償配布ではなく、以下の窓口での有償販売となります。 下表にハザードマップを公表している自治体及びそのリンクとハザードマップの基となっている図を掲載します。 また、青の線で囲まれている場所は、氾濫時に水流によって木造家屋の倒壊や流出する恐れのある地区となっています。

もっと