ペスト 登場 人物。 『ペスト』カミュ

カミュ「ペスト」 不条理な世界との戦い方<2>

ランベールは待ち望んだ出国のチャンスを得たが、町に残ることを選んだ。 グラン ジョセフ・グラン。

もっと

名著77 カミュ「ペスト」:100分 de 名著

これと同様の症例がオラン市内のあちらこちらに現れるようになった。 医師会長。 と、出だしはこんな感じの話です。 しかしリウーは、ペストとの戦いは終わっていないという。

もっと

ペスト (小説)とは

そして保険隊を組織してリウーと共にペストと戦うタルー。 長く臨時職員として市役所に勤める、やせた風貌で口下手な50才前後の男。 医師会会長リシャールは苛立つリウーにペストだと確信を持っているのか訊ねる。

もっと

ペスト (小説)とは

のオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。 おそらくは、人間ってそういうものだよね、という全面的な人間賛歌をはうたっているのだ。 タルーは志願の保険隊を組織する。 パヌルー神父 市民の尊敬を得ていて博学な、キリスト教イエズス会(男子修道会)の司祭。

もっと

カミュ「ペスト」 不条理な世界との戦い方<1>

次のペストの流行は、541年から542年にかけて東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルで発生しました。 そんな思いを新たにしました。 売れる当てのない小説を書き続け、いつか成功したいと夢想することが、彼のささやかな野心なのです。 一方、新聞記者のランベールは封鎖された町を脱出しようと画策する。 その時僕は、その長い年月の間ーーしかも全精神をあげてまさにペストそのものと闘っていると信じていた間にも、少なくとも自分は、ついにペスト患者でなくなったことはなかったのだ、ということを悟った。 出版業界は今、この本の話題で持ちきりだ。 現代のコロナ禍では携帯で連絡取り合える。

もっと

ペスト (小説)とは

(市長やメンバーはペストと認識することを渋っていた)翌日の新聞での扱いは小さく、県庁も目立たない所に張り紙をする位の注意喚起だった。

もっと