ホンダ サイバー 攻撃。 “身代金”要求サイバー攻撃 日本では半数以上受ける 民間調査

ホンダ工場停止は氷山の一角、サイバー攻撃に無防備な日本製造業

前述したが、これまでのランサムウエアになかった自己増殖機能を有していたために感染が拡大し、病院や鉄道などのサービスに影響が出るといった、社会に大きな衝撃を与えた。 ある専門家によると、少なくとも高度なハッカーであれば「まずは企業の情報システムに侵入して工場の状況をチェックしてから、制御システムに攻撃を仕掛ける」のだそうだ。 ]15)になる環境でのみ感染するように特別に作り込まれたランサムウエアであると言える。 という点に関心を持っているセキュリティ担当者も多いとは思うが、前述した通り、SNAKEは最終ステップであり、武器の一種でしかない可能性がある。

もっと

“身代金”要求サイバー攻撃 日本では半数以上受ける 民間調査

新型コロナウイルスの感染拡大などの影響で業績が低迷しているところに、全社的にパソコンのウイルス感染が追い打ちをかける始末で、株主総会を控え、間もなく就任6年目を迎える八郷隆弘社長にとっては、泣き面に蜂である。 また、従来のランサムウェアでは、データを復元するために金銭を要求する脅迫文が端末ごとに表示されていましたが、今回は、認証情報などを扱う中枢のサーバーだけに脅迫文が表示されるようになっていました。 ホンダの攻撃に利用されたとされるSNAKEと呼ばれるランサムウェアを用いた攻撃が、Fresenius Group、Enel Groupにも利用されていることから、新たな攻撃トレンドとして関心が高まっている。 。 もっとも、20年6月下旬である今は生産が再開しており、国内外の生産にどれほど影響があるかは今後を見守っていかなければならない。

もっと

ホンダを狙ったサイバー攻撃。ADのドメインコントローラーの脆弱性が利用された可能性も。(大元隆志)

セキュリティ企業NuspireのアナリストのJosh Smithは「SNAKEが確認されたのは2019年の末頃で、さほど洗練度の高いランサムウェアではない」と述べている。 青木あすなろ建設(東京)は8月に「DoppelPaymer(ドッペルペイマー)」と名乗るグループの攻撃を受け、複数台のパソコンが感染した。 ウ.暗号化処理 上記の処理が終わると、ランサムウエアのメインの処理となるファイルの暗号化が開始されるが、「SNAKE」は、「MegaCortex」などのように複数プロセスで暗号化を分担するような処理は行わず、単一のプロセスで暗号化を行う。 11日までに全工場復旧。 その理由は2つある。

もっと

サイバー攻撃受けた日本車メーカーの落ち度(2020年7月1日)|BIGLOBEニュース

純粋に暗号化を行うのみで、このマルウェア自体には情報を盗み出したり、ネットワーク上で拡散させたりする機能は確認されていない。 生産管理などのシステムのほか、一部社員のパソコンもウイルスに感染していた。 鍵を購入すれば暗号を解くことができる」などと英語で書かれていました。 システム障害は8日午前9時ごろに発生。 米国などの7工場は9日に再開、ほかの4工場の再開のめどは未定という。 3つ目は、新型コロナウイルス感染症対策として、ホンダをはじめ多く企業が在宅勤務などのテレワークを導入した。

もっと