若紫 垣間見。 『源氏物語』の現代語訳:若紫13

源氏物語「若紫」

だから、四段か、上二段です。 子守とかです。 御簾を少し挙げて、花をお供えするようです。

もっと

education

「と、思う」ってことは、カギカッコはないけれど、この部分は源氏の心の声なので、謙譲の補助動詞【奉れ】は【源氏から藤壺】への敬意を表していることになります。 敬語があれば源氏、源氏なら敬語がある、と考えていく。 犬君は「いぬき」です。

もっと

【古典】古典の「若紫との出会い」の原文が載っているページ、又は...

出典 若紫 わかむらさき 参考 「精選古典B(古文編)」東京書籍 「教科書ガイド精選古典B(古文編)東京書籍版 1部」あすとろ出版. また、犬君が小道具を壊したことについて、光源氏は犬君を非難していますが、少納言の乳母は雛遊びは卒業しなさいと紫の上を諭しています。 『罪得ることぞ。 」とばかりお悩みになられている。 そのお父さんが亡くなったということですから、尼のだんなさんですね。 源氏物語評釈 玉上琢弥著(昭和42年11月15日初版発行)• 源氏物語 日本古典文学大系 岩波書店• こぎれいな女房が二人ほど、それから召使の少女たちが(部屋を)出たり入ったりして遊んでいる。 読みにくい画面だとは思いますが、ご参考にしていただけると幸甚です。 こんなところにも、源氏の気持ちがあらわれていますよね。

もっと

【古典】古典の「若紫との出会い」の原文が載っているページ、又は...

「いで」は「さあ」という感動詞。

もっと

education

橋本治先生のおかげで、なんだかミーハー位置づけになってしまいましたけど、本当はたぶん、才女丸出しの優等生ですからね。 」 とおっしゃると、 「まぁたいへん。 そのため、彼女は母方の祖母である尼君の元で、ひっそりと育てられていたのです。

もっと

【源氏物語・若紫】紫上は女の哀しみを一生背負い続けた【宿命】

かかれば、 このすき者どもは、かかる歩きをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり。 あどけない少女 これほどに美しい場面はないというくらい、あどけない紫上を初めて源氏が見た時の様子です。 単純に「見える」とやるのはおすすめしません。 今日しも端に おはしましけるかな。 いとをかしう、やうやうなりつるものを。

もっと