無事故 プログラム dr。 日本ユニシス、通信ドラレコに常時録画アップロード機能を追加…危険運転を可視化

社有車の事故低減効果を実感 日本ユニシスの無事故プログラム DR®ドライブレコーダー

Q10 標準で搭載されるSDカード(16GB)はどれくらい録画が可能ですか? 車外カメラのみの場合は、約170件の危険運転動画と約23時間の常時録画映像を記録。 トラックやバスの背面に張り付けられたステッカーを道路標識として認識した場合• 近年では毎年のように全国各地で発生する自然災害が発生しています。 企業は運用負荷をかけずに得られるさまざまなデータを活用し、事故のリスクを低減、運転指導により燃費の改善させることができます。 危険運転映像を見てから、ドライバーへ指導すべきかをご判断ください。 各作業は、ご契約後にログイン可能となるWeb上にマニュアルを公開しております。 販売店または担当営業までお問い合わせください。

もっと

日本ユニシス、通信ドラレコに常時録画アップロード機能を追加…危険運転を可視化

弊社は株式会社日本ユニシスの販売代理店です。 Q3 契約期間は? 最低利用期間は12ヶ月です。 一台でも契約できますか? 1台からご契約いただけます。

もっと

法人向け業務用ドライブレコーダー「無事故プログラムDR」|日本ユニシス

バック走行時アラーム機能はバックギアを入れてから指定の時間未満でアクセルを踏むと「安全確認をしてください」と車内で注意喚起を行うと同時に管理者にはメールで知らせが入る。 また、日常同じ経路を運行しているドライバーに対し、地図上から同じ場所の運転が良いドライバーと運転が悪いドライバーの常時録画映像を比較し、危険ドライバー、新人ドライバーに対する安全教育に役立てることもできます。

もっと

日本ユニシス、通信ドラレコに常時録画アップロード機能を追加…危険運転を可視化

定額料金で、各種基本サービスをご利用いただけます。 車載器の設置作業、PCツールのセットアップはお客さまに実施していただくため初期費用は掛かりません。 全社最適の視点で車両配置を行えます これまでに記録・蓄積された位置情報等により、営業や配送などのエリアの重複を可視化することで全社最適の視点で車両配置を行えます。 車載器の設置作業、PCツールのセットアップはお客さまに実施していただくため初期費用は掛かりません。 該当する挙動種別をクリックすると、その際に発生した危険映像が再生されます。 日常運転録画の確認により、あおり運転など危険運転防止の効果が期待できる。 一方で運送事業以外の企業でも営業やメンテナンス活動に車両を多く活用される中で動態管理の機能をご利用いただいています。

もっと

無事故プログラムDR

Copyright C 2013 ZERO-ONE INC. 責任を持った一貫したサービスが当社の特徴です。

もっと

通信型ドライブレコーダー「無事故プログラムDR」に常時録画アップロード機能を追加。危険運転を可視化! 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

これにより、配送や集荷作業の効率化に役立ちます。 不動産・住宅・エネルギー業界 不動産・住宅・エネルギーなどインフラ関連のように多くの拠点を有する業界の場合は、車両データの統括的な視点での管理が求められます。 また、弊社が実施したユーザーアンケートによると、 86%の導入企業が無事故プログラムDRの導入により「ドライバーの運転意識の向上」を実現できました。

もっと

“危険な運転”を検知して撮影、メール送信――日本ユニシスの「無事故プログラムDR」

Q3 1台でも契約できますか? 1台からご契約いただけます。 無事故プログラムDR 「無事故プログラムDR」は、危険運転や事故などの情報をリアルタイムで通知するとともに、動画の記録により、ドライバーへの安全運転指導、エコ運転への意識付けを実施する、カメラ付き携帯通信型の運行管理支援サービスです。 なお、車載器の設置作業については、当社提携の設置業者を紹介することが可能です。 4-2. システムを選ぶときの注意点をご説明します。 SDカードの容量が標準4GBから16GBに変更•。 危険運転の発生日時や種類、場所などが確認でき、運行経路や運行日報、個人やグループでの運転データ分析が自動で作成されるシステムになっている。

もっと

動態管理とは?動態管理のメリット・ポイントについて知ろう|無事故プログラムDR

認識対象とする道路標識に酷似した形状やデザインを道路標識として認識した場合 本機能は違反運転を100%正しく検知・通知する機能ではございません。 管理方法や費用 動態管理専用器の他には、デジタルタコグラフやドライブレコーダー用にオプション設定されている場合はサービスを追加する方法もあります。 0 以上が必要です。 オプションサービスも充実しているので、必要に応じて機能を追加できます。

もっと