Airpods pro 空間 オーディオ。 AirPods Proで空間オーディオはすごいけど使えるコンテンツ少なくね?

革新的な没入感!AirPods Proの新機能「空間オーディオ」を一足先に試した (1/3)

ステレオオーディオは、通常のステレオ(2ch)ですので、当然ながら左右からしか音が聞こえません。

もっと

【AirPods Pro】「空間オーディオ」をオン⇔オフする方法

Dolby Atmosの音を聴いてイヤフォンつけてることを忘れた 元音源がDolby Atmosに対応しているコンテンツは、自分の周り全体から音が鳴っている感、というやつが圧倒的にすごいです。

もっと

AirPods Proの新機能「空間オーディオ」対応の動画サービスを調べてみた

(およびジャイロセンサが新しく、空間オーディオに対応しているもの) そして、ファームウェアが最新になったAirPods Pro。 私もオンラインでいろいろ調べて(たとえば以下のツイート)、ようやく更新することができました。

もっと

iOS 14とAirPods Proの「空間オーディオ」で、臨場感のある3Dサウンドを楽しむ方法

ただ、日本でAmazon Music HDを使ってDolby Atmos対応楽曲(3Dというマークが付く)を聴こうと思っても、現状聴ける手段は(約2. 比較として、Atmos非対応の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」のクライマックスから、ゴジラとキングギドラの対決シーンを聴いてみた。 現時点で確認されているのは「AirPodsシリーズ向けには最新ファームウェアで対応した」という点のみだ。 現段階でちゃんと動くのは「TVアプリ」のみ こうやって色々と前提条件を書いてきたんですが、現段階(20202年9月)で確認できた範囲で「空間オーディオ」に対応しているアプリ(空間オーディオはアプリ「も」対応している必要があるとサポートページに書いてある)は、AppleのTVアプリだけでした。

もっと

革新的な没入感!AirPods Proの新機能「空間オーディオ」を一足先に試した (1/3)

AirPods Proつけながら映画見てるのに、あまりにも自然に音が聴こえてきて、あれ、これなんかiPadから音鳴ってない?みたいに錯覚します。 もちろんこれは「ピュアオーディオ的ないい音」ではありません。 先日アップデートされたiOS14によって Apple公式のワイヤレスイヤホンであるAirPods Proで 「空間オーディオ」と呼ばれる立体音響機能が有効になった。

もっと

【レビュー】iOS 14でAirPodsの価値急上昇!「空間オーディオ」と「自動切り替え」やってみた

本当は複数のスピーカーを配置して楽しむものだが、現在はヘッドフォンによる再現技術も進化しており、多くの機器で採用されているのは、みなさんもご存知のとおりだ。

もっと

AirPods Proの新機能「空間オーディオ」対応の動画サービスを調べてみた

— Federico Viticci viticci (略) Appleのサポートによると、以下の手順でAirPodsファームウェアを更新できるそうです : 以下に更新手順をお知らせします: 1. 1サラウンドである必要があります。 Bluetoothオーディオデバイスのリストから「AirPods Pro」の脇にある「i」アイコンをタップすると、設定メニューに入る。 一方、 空間オーディオは、頭上、背後、斜めからの音が加わり、まさに音の空間に包まれているような感じがします。 オブジェクトオーディオであるAtmos対応コンテンツでより良い効果が出ているのは、もともとAtmosがそういう効果を狙ったものだからでもある。 イヤホン外の音がシャットアウトされているはずなのに 振り返っても常にiPhone本体の方向から音が聞こえるので イヤホンを着けている感触がしない感覚が不思議。 Screenshot: David Murphy iPhoneの右上からプルダウンしてコントロールセンターを開いて、空間オーディオのオンとオフをすばやく切り替えることもできます。 は以下のとおり: iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、またはiPhone SE(第2世代) は以下: iPad Pro 12. つまり、ステレオのYouTube動画では使えないということです。

もっと

AirPods Proの空間オーディオ機能がすごいので関連情報を色々調べてまとめた

iPhoneとか買うと1年無料になったりする)のコンテンツはどれ見ても大体いろんなマーク盛り盛り そうかこれは世界中にTV+はすごいんだぞって思い知らせるためのアップデートだったんだなそういうことかすごいなアップル。 この効果は素晴らしいものです。 それを、本体側とヘッドフォン側のモーションセンサーを組み合わせることで「自分がどちらを向いているのか」を判別して再生のための情報として使い、音が聞こえる方向をより正確で自然なものにしよう……というのが、今回アップルが導入した「自社ヘッドフォンでの空間オーディオ最適化」技術といっていい。 1ch、Dolby Atmosが楽しめる。 iPhoneにiOS 14をインストールして試してみた。

もっと

iOS 14とAirPods Proの「空間オーディオ」で、臨場感のある3Dサウンドを楽しむ方法

アップルは、iPhoneやiPod touch向けの新OS「iOS 14」、iPad向けのOS「iPadOS 14」、Apple Watch向けOS「watchOS 7」、Apple TV向けOS「tvOS 14」などを、米現地時間9月16日(日本時間9月17日)から提供開始する。 まとめ 以上、iOS 14とAirPods Proの新機能「空間オーディオ」を中心に解説しました。 ただ、少なくともiPhone 11で同じDolby Atmosコンテンツを再生しても、AirPods Proの空間オーディオみたいな感動はありませんでした。 以下のビデオは、iPadとiPhoneの間でAirPodsをつけたたま、「音楽再生を切り替えた」時のものだ。 空間オーディオを使用する準備が整っていれば、AirPodsProの名前の横にある [設定]>[Bluetooth]>[i]の[情報]セクションにバージョン3A283(あるいはそれ以降)と表示されています。 以前お伝えしたように、AirPodsのファームウェアとiOS 14・iPadOS 14の組み合わせでは「空間オーディオ」機能が利用可能になる。 各種メニューの中にある「機能を試してみる」を開く。

もっと