スタップ 細胞 事件。 疑念続出のSTAP細胞論文騒動 何が問題?(1/2ページ)

STAP細胞騒動で自殺した笹井芳樹教授 妻が語る小保方晴子氏への思い

でも、違う。 はあ? 日本の科学の信用を著しく傷つけ、出す必要のない死者まで出したのに、給与10分の1を1~2カ月返納するだけ? 事件の過小評価と自己弁護に徹する川合理事。 今回は、柔らかい表情で記者の質問に答えてくれた。

もっと

STAP細胞事件とは?STAP細胞の概要と事件の詳細について徹底解説!

同時に自分が渡したサンプルが小保方さんがSTAP細胞づくりに使ったものと同一かどうか確認するために第三者の研究機関に調査に出した。 研究不正は白日のもとにさらされるべきである。 佐藤 貴彦『 』パレード 2015年12月7日• 船瀬 俊介『 』花伝社 2015年5月25日• 私も、なんとか前を向いて生きていきたいと思います」 そう言って微笑んでいた、A子さん。 それを考えるために原著論文を手に入れ、解説記事なども参照しつつ、辞書を引きながら少しずつ読み始めていたところ、ネット上で研究不正の疑惑が流れ始め、それらと原著論文を照らし合わせるのがやっとという状態になってしまい、ELSIどころではなくなってしまった。

もっと

小保方晴子はいつ結婚した?2019年今現在の画像がかわいい!婦人公論や今何してるかも調査!

9 views• 田中 智之、小出 隆規、安井 裕之『』東京化学同人 2018年6月8日 ちなみに、東京化学同人から出版された『科学者の研究倫理』は、これから科学者を目指す大学生や大学院生にぜひとも読んでいただきたい本です。 再現実験をやってもはっきり白黒付かない可能性もある。 事後処理を誤った悪い例として 理研は共著者や理事などの幹部にはごく軽い処分を下し、野依理事長は給料の一部を自主返納しただけで、「引責辞任」を否定しながら、任期途中で2015年3月31日に退任した。

もっと

STAP事件の真犯人―1 「発見」を「盗んだ」人 : 武田邦彦 (中部大学)

不祥事が起きた組織のトップとして考え得る限りで最悪の対応をしたのである。 しかし、本書に対しては「感情的だ」「手記でなく論文で主張すべき」などの批判的な論調が多い。

もっと

STAP事件の真犯人―1 「発見」を「盗んだ」人 : 武田邦彦 (中部大学)

批判報道が過熱していましたよね。 内臓が突き上げられるかのようにこみ上げる悔しさ。 その後の報道で失われた名誉を回復するものと期待した。 12 views•。

もっと

STAP細胞問題とは何だったのか?

(2月上旬以来公には姿を消しましたが、5月には twins センター長には着任していました。 あわせて読みたい関連本• なんで簡単に200回以上できるはずだったものを1年かけなくちゃいけないのか?普通なら再現できない時点で終了だろう。 しかし、問題発覚後、組織防衛を優先し、真相を有耶無耶にしようとした責任は理研のトップにある。 普通だったら、調査の途中も発表しない。 登場人物はみな匿名だが、以下のように 野依良治氏を名指しで批判する記事も出た。

もっと

正体はES細胞、STAPは「捏造」だった

科学者集団がそうした倫理を再確立し遵守する姿勢を社会に対し示すことが、信用回復の一番の道である。 11 views• 21, 04 October 2012)。

もっと

STAP事件の真犯人―1 「発見」を「盗んだ」人 : 武田邦彦 (中部大学)

実際には、もっと多くの幹細胞研究者たちが再現実験に取り組んだと見られる。 抗えない感情の渦は、似た感覚を持った時の記憶を連鎖的に呼び覚まし、苦しみの濁流に変わる。 一時はノーベル賞候補とまで言われた笹井さんの妻・A子さんに、本誌は2年前にも取材したが、今回あらためて話を聞かせてもらった。 「彼女はすごく実験がうまい『ゴッドハンド』と言われていたので、その点も検証した方がよいと思った。 コリンズが引いた「研究公正局」とは、科学研究における不正行為などを監視する政府機関である。 なお、川合氏の夫である川合知二氏(大阪大学産業科学研究所特任教授)も黒い噂とは無縁ではない。

もっと

STAP細胞事件の真相 小保方晴子氏の頭の中にあったもの

2015年にもSTAP細胞の研究を続け、万能性を示す遺伝子の働きを確認したという。

もっと